埼玉で保育の仕事に就きたいなら大学に行くのが得策か

2019-04-24
保育23

埼玉で保育の仕事をしていきたいと思っている人は保育士の資格を取得したいと考えるのがもっともなことでしょう。保育士の資格を取得するために大学に通うのがもっとも良いのではないかと思うかもしれません。本当にそれがベストな考え方なのでしょうか。

埼玉の保育園での人材募集状況やキャリアパスを考えてより良い選択をできるようにしましょう。

埼玉には保育士資格を取れる大学は多い

埼玉で保育の仕事に就きたいと考えたときに大学に通うのが良さそうだと考える人は大勢います。

保育士の資格を取得する方法としては一般的なもので、保健医療福祉学部や幼児保育学科、こども学科などに通って4年間の勉強をすれば保育士の資格を得ることが可能です。

短期大学でも問題はなく、所定のカリキュラムをこなして卒業できた暁には資格を取得できます。保育士として働きたいという気持ちが強いなら、短い期間で卒業できる短期大学の方が魅力が大きいでしょう。埼玉では保育士資格を取得できる養成校として認められている大学や短期大学はたくさんあります。

埼玉県立大学を筆頭とし、東洋大学や文教大学、十文字学園大学、十文字学園女子大学などが代表例です。地元の名前が付いている浦和大学や埼玉学園大学などもあります。また、短期大学では国際学院埼玉短期大学、埼玉純真短期大学が挙げられるでしょう。

ほとんどの大学や短期大学のキャンパスがさいたま市内になっていますが、数は多くて偏差値的にもかなり幅があることから学力に合った大学や短期大学で学ぶことが可能です。保育士以外にも幼稚園教諭や小学校教諭の資格を取れるところも多いので、将来の働き方にバリエーションも持たせることができます。

大学以外でも資格の取得は可能

保育33

埼玉には大学も短期大学も多いので保育士資格を取得するならどちらかに通えば良いと思うかもしれません。しかし、専門学校でも養成校として厚生労働省に指定されているものがあり、卒業するとそのまま保育士資格を取得できます。

専門学校は埼玉にもかなりの数があり、大学や短期大学に比べても数は雲泥の差です。専門学校によって実績にもかなりの違いがあるのでどの学校を選ぶかは慎重にならなければならないでしょう。また、通っている人の年齢層も学校ごとに違い、高卒の人が多いところもあれば主婦層が通っているところもあります。

情報を集めてどこに通うかを決めるようにしましょう。また、もう一つの保育士資格の取得方法として試験で一発合格するという方法もあります。受験資格を満たす必要はありますが、何年も学校に通わなくても筆記試験と実技試験に合格すれば資格を獲得することが可能です。

通信教育などで勉強して合格するというのがよくあるパターンなので、保育士資格の取り方として覚えておくと良いでしょう。

資格なしでも保育園で働ける

保育園で働きたいと思ったときに、必要だから保育士の資格を取らなければならないという気持ちで資格の取得を目指す人もいるでしょう。しかし、実際には資格なしでも保育園で働くことはできます。保育士ではなく事務や清掃などの仕事ではないかと思われてしまうこともありますが、保育士とほとんど違いがない仕事に従事できるのです。

保育園では保育士の他に子供の世話や教育をする人材として保育補助を雇っているケースが多くなっています。保育士に指示を仰ぎながら働くのが原則ですが、実質的には保育士と業務内容は同じという現場がほとんどです。

資格なしでも保育園で働けるので、無理に資格を取る必要はありません。ただ、資格があった方が待遇は良いということは知っておく必要があります。全く同じ業務量をこなしているのに保育士資格がある人の方が保育補助の人よりも年収がかなり高い場合が多いのです。

正社員でもパートでも同じ状況があるため、しっかりと働いて稼ぎたいという人ほど資格の取得を目指した方が良いでしょう。

年齢とキャリアパスを考えて決めよう

実際に資格を取得するために大学や専門学校に通うかどうかを判断する上で重要なのが年齢とキャリアパスです。まだ高校生以下でこれから進学するというのなら大学や専門学校に行って保育士の資格を取るのが賢明でしょう。

専門的な知識を幅広く付けたいという気持ちがあるなら大学を選び、保育士に特化したことを学んで早く就職したいなら専門学校を選ぶのが合理的です。しかし、既に大学や専門学校などに通っている段階や卒業して社会人になっている場合には大学に通い直すとさらに4年も使ってしまうことになるのが問題になるでしょう。

そのため、資格を取得するなら専門学校を使うか、試験に一発で合格しようと考えるのが合理的です。

将来はベテランの保育士として現場を統括する立場になりたい、保育園を開業して自ら保育士として働きたいなどといったキャリアパスを考えているなら資格を取得するに越したことはないでしょう。

しかし、これからちょっとパートで保育の仕事をしていきたいという程度であれば保育補助のままでも十分と考えられるかもしれません。将来的に出世したい、しっかりと稼げるようになりたいという気持ちがあるなら資格取得を目指す必要があります。

しかし、キャリアアップ志向がないなら資格なしで働き続けるのも問題はないのです。キャリアパスを考慮して自分なりに納得できる道を選ぶようにしましょう。

働きながら資格を取るのも手段の一つ

保育31

まずは保育補助で働いてみて様子を見ながら勉強していき、適切なタイミングで資格を取るということもできます。大学に通うのは大変という人でも通信教育を受けながら仕事をするくらいならできることもあるでしょう。あるいは夜間課程で専門学校に通いながら昼間は保育園で働くのなら可能だという人もいるかもしれません。

どちらのやり方でも努力次第で最終的には資格を取ることができるので、まず保育の仕事に就きたいという人は資格の取得よりも就職を優先するのが賢明です。正社員で働くと夜にもシフトが入ってしまうことがありますが、パートであれば時間的に自由を得られるのが通例です。

正社員で働きながら夜間課程の専門学校に通うのは難しいかもしれません。しかし、専門学校に通っている間はパートで働き、資格を取ったら正社員になるというキャリアパスを描けば問題はないでしょう。仕事をしながら通うと学費も確保しやすいので、資金的に大学や専門学校に通うことができない人も検討してみると良い方法です。